NHK「クローズアップ現代+」で、家族信託が取り上げられました

家族信託で、親の預金口座や不動産が凍結されるのを防ぐ

2019年4月16日に放送されたNHK「クローズアップ現代+」で、家族信託が取り上げられました。

親の介護費を親のお金でまかなおうと考えていても、いざ親が認知症になってしまうと、親の口座は凍結され、使うことができなくなってしまいます。

このような「親の“おカネ”が使えない」事態を防ぐための解決策のひとつとして、注目されているのが「家族信託」です。

司法書士が優しく解説!家族信託って何ですか?

2016-10-26

親の介護費用はだれが払う?

親の介護費用だから、親の預金を使わせてもらおう、親の不動産を売ってそのお金を使わせてもらおう、と考えていたとします。

しかしながら、親が認知症になってしまうと、親の意思確認ができないため、預金口座や不動産は凍結状態になってしまい、使うことができなくなります。

このような事態に備えて、親が元気なうちに「家族信託」で、子どもに財産管理を任せておけば、その後、認知症になった際、凍結状態を回避することができます。

家族信託を行うポイントは?

親の預金や不動産などの情報を把握し、「いざ」という時にどうするか?を話し合っているか、または話をすることができる関係にあるのかが重要です。

しかしながら、今までそのような話をしたことがないのに、いきなり預金額を聞きだそうとしても、これでは親の財産を狙っていると思われかねません。

したがって、そうならないためにも、日頃から親とのコミュニケーションをしっかりとり、そのような話ができる関係を築くことが大切になります。

成年後見の注意点とは?

「親の“おカネ”が使えない」事態を防ぐための方法には、家族信託以外にも、成年後見制度があります。

しかしながら、成年後見制度は、財産管理を行う上での制約も大きく、必ずしも親族にとって使い勝手のいいものではありません。

トラブル続出!成年後見制度の7つのデメリット

2017-11-08

また、成年後見制度は、一度始めると基本的にやめることができないので、利用するに当たっては、メリット・デメリットをしっかり踏まえ、検討することが重要です。


家族信託ガイドブックを無料プレゼント中!

家族信託ガイドブック

・認知症に備えて、今のうちから財産管理を家族に任せたい
・家族が認知症になったときに、財産が凍結されるのを防ぎたい
・家族が認知症になっても、成年後見を使わずに財産を管理したい
・施設費用等が必要になった時に、不動産を売却できるようにしておきたい
・家族と共有名義で持っている不動産を、スムーズに売却できるようにしておきたい

など、今後の財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に向けた内容となっております。

家族信託とはどのようなものか、何ができるのか、成年後見とは何が違うのかといった基礎知識から活用事例まで、わかりやすくご紹介しています。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください!