MENU
相続登記義務化
お問い合わせ・ご相談の予約
よくご相談いただくメニュー
記事カテゴリー
月別アーカイブ

家族信託

家族信託

親の認知症のことで、こんな不安はありませんか?

  • 親の預金口座からお金が下ろせなくなる……?
  • 実家が空き家となっているのに売却できない……?
  • 成年後見人がつけられて裁判所から監督されてしまう……?

家族信託を扱う士業がまだ少ない中、いいじま司法書士事務所は早くから「家族信託」に取り組み、これまでに30回以上の家族信託セミナーを開催するとともに、100件以上のご相談をいただいております

豊富な経験と実績をもとに、お客様に合わせたご提案をいたしますので、上記のようなことでお悩みの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

家族信託について

国民の4人に1人が65歳以上という超高齢社会においては、これから先、私たちの親が病院に入院したり、介護施設に入所したりするような場面がますます増えてくるものと思われます。

その際、入院費用や施設費用を「親のお金でまかなおう」と考えていても、いざ親が認知症になると、たとえ家族であっても親の預金を下ろすことができなくなります。そのため、親の介護なのに親のお金が使えない……という状態になってしまいます。

この場合、家族が費用を負担するか、あるいは成年後見制度を利用するしか選択肢はありません。しかしながら、成年後見制度は何かと制約も大きく、家族にとって必ずしも使い勝手のいいものとは言えません。

こういった中、成年後見制度に代わる新しい財産管理の方法として、注目を集めているのが「家族信託」です。家族信託とは、自分の財産を信頼できる家族に託し、管理を任せる仕組みのことをいいます。

家族信託に関する無料相談受付中!

司法書士飯島克仁

家族信託に関するご相談は、いいじま司法書士事務所にお任せください。

手続きのこと、費用のこと、ホームページでわからなかったこと、その他些細なことでも、遠慮なくご相談ください。

「家族信託サポート」について

当事務所の「家族信託サポート」では、家族信託の手続きについて、信託契約書の文案作成から不動産の名義変更、信託口口座の開設までお任せいただけます。

サポートに含まれる内容
  • 信託内容のヒアリング
  • 信託契約書の文案作成
  • 公証人との打ち合わせ
  • 銀行との打ち合わせ
  • 信託契約書作成当日の公証役場への同行
  • 不動産の名義変更
  • 信託口口座の開設サポート

「家族信託サポート」の流れ

家族信託を始めるまでの一般的な手続きの流れです。

お申し込みから家族信託を開始するまで、おおむね2~3か月の期間がかかります。ただし、事案に応じて、これと異なる流れ、期間となることがあります。

STEP
お問い合わせ

まずは、お電話もしくは相談予約フォームにてご連絡ください。
ご相談の日時をお決めします(初回のご相談につき無料となります)。

STEP
ご相談

お客様の状況や家族信託で解決したいことをお聞きして、家族信託を使うことが適切か、他の選択肢はないかを検討します。

STEP
お申し込み

家族信託にかかる費用などを説明し、納得いただいた上で、正式にお申し込みいただきます。

STEP
信託契約書(案)の作成

ヒアリングした内容をもとに、信託契約書(案)の作成を行います。

STEP
信託契約書(案)の確認

信託契約書(案)の内容をご確認いただきます。

STEP
金融機関・公証役場との打ち合わせ

信託契約書(案)をもとに、信託専用の管理口座(信託口口座)を開設する金融機関・公証役場と打ち合わせを行います。

STEP
信託契約の締結

公証役場にて、委託者と受託者が信託契約の締結を行います。

STEP
不動産の名義変更

信託する財産の中に不動産が含まれる場合、法務局に所有権移転登記を申請します。
これにより、不動産の名義が委託者から受託者に変更されます。

STEP
信託管理口座の開設

信託専用の管理口座(信託口口座)を開設し、委託者の口座から信託契約で決めた金額を移動させます。

STEP
信託の開始

受託者が信託財産の管理を開始します。

「家族信託サポート」の費用

家族信託の費用は、 家族信託設計コンサルティング報酬実費を加えた額になります。
また、信託財産に不動産が含まれる場合は、別途所有権移転登記の費用が発生します。

家族信託設計コンサルティング報酬

信託財産の評価額報酬(税込)
1億円以下評価額×1.1%(ただし、最低額は33万円)
1億円を超え、3億円以下評価額×0.55%+55万円
3億円を超え、5億円以下評価額×0.33%+121万円
5億円を超え、10億円以下評価額×0.22%+176万円
10億円超評価額×0.11%+286万円
  • 上記報酬の他に、実費(公証役場手数料等)がかかります。
  • 信託財産に不動産が含まれる場合、別途所有権移転登記の費用が発生します。
  • 遠方へ出張を必要とする場合は、日当が発生することがあります。
  • 税理士に税務相談を依頼する場合は、別途税理士報酬が発生します。

信託をする財産が現金(1,000万円)と不動産(固定資産税評価額が1,000万円)であった場合、信託財産の評価額は2,000万円となります。

所有権移転登記の費用(信託財産に不動産が含まれる場合)

  • 司法書士報酬 110,000円(税込)~
  • 上記報酬の他に、実費(登録免許税、郵送料等)がかかります。
  • 報酬は、信託不動産の個数・申請件数に応じて変動します。

家族信託にかかる費用の目安

項目金額(税込)
家族信託設計コンサルティング報酬330,000円
所有権移転登記の報酬110,000円
登録免許税約30,000円
公証役場手数料約50,000円
登記簿謄本代・郵送料など約5,000円
総額(概算)約525,000円
  • 信託をする財産が不動産(固定資産税評価額が1,000万円)と現金(1,000万円)であった場合の概算です。

家族信託は、初期費用にはある程度まとまった金額がかかりますが、いったん開始してしまえば、毎月いくらといったランニングコストは基本的に発生しません。この点は、本人(被後見人)が亡くなるまで後見人の月額報酬が発生し続ける成年後見とは異なる部分です。

お客様の声

よくあるご質問

相談したいときは、どうすればいいですか?

お電話もしくは相談予約フォームにて、ご相談の予約をしてください。

電話番号:049-256-4961
受付時間:午前9時から午後6時まで(平日)

平日は時間が取れないのですが、休日の相談もできますか?

はい、大丈夫です。
土日祝日のご相談も承っておりますので、ご都合のよい日に相談いただけます(※ただし、事前のご予約が必要となります)。

事務所にお伺いするのが難しいのですが、自宅まで来てもらえますか?

はい、大丈夫です。
ご自宅までお伺いする出張訪問相談も承っておりますので、お気軽にお申しつけください(※ただし、有料となります)。

相談は有料ですか?

初回のご相談は無料にて承っております
難しい専門用語を使わず、わかりやすい言葉で、ていねいに説明いたしますので、納得のいくまでご不明な点をご質問ください。

「契約書の書き方を教えてほしい」「契約書をチェックしてほしい」といった手続きに関する具体的なご相談は、無料相談の範囲外となりますので、あらかじめご了承ください

見積もりだけの相談でもいいですか?

はい、大丈夫です。
当事務所は、お見積もりだけのお客様も大歓迎です。
万一、ご依頼いただかなかった場合でも、無料相談のみでは料金は発生しませんのでご安心ください

当事務所からのご案内

家族信託のガイドブックを無料プレゼント中!

当事務所にて発行している、家族信託ガイドブックです。
無料にてダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

家族信託の無料セミナーを開催中!

家族信託を初めて聞くという人を対象に、家族信託に関する基本的な事項をお話しするセミナーを定期的に開催しています。

家族信託のAmazon電子書籍を発売中!

2019年月に発行したガイドブック『親の介護でお金のトラブルを防ぐ「家族信託」』を大幅に加筆修正し、電子書籍として出版しました。

Kindle Unlimitedに加入していれば、無料でお読みいただけます!

ご相談はこちら

無料相談受付中
  • 初回のご相談が無料!
  • ふじみ野駅西口より徒歩2分!
  • 土日祝日のご相談も承ります!