MENU
相続登記義務化
お問い合わせ・ご相談の予約
よくご相談いただくメニュー
記事カテゴリー
月別アーカイブ

【家族信託ガイドブック】成年後見を使わずに、高齢者の財産を管理する方法

認知症による財産凍結対策の切り札として、注目を集めている「家族信託」をわかりやすく解説した冊子『成年後見を使わずに、高齢者の財産を管理する方法』を発行しました!

ただいま、無料プレゼント中ですので、下記よりご請求またはダウンロードを行ってください。

目次

どんな人に役立つ内容なの?

本冊子は、高齢者が認知症になった際、「預貯金や不動産などの財産管理でどのような問題が生じるのか」「家族信託を活用することで何ができるのか」などを解説した内容となっています。

このような方におすすめです

  • 認知症に備えて、今のうちから家族に財産管理に任せたい
  • 家族が認知症になったときに、財産が凍結されるのを防ぎたい
  • 家族が認知症になっても、成年後見を使わずに財産を管理したい
  • 自宅が空き家となった場合に、成年後見を使わずに売却できるようにしたい
  • 家族の共有名義となっている不動産を、スムーズに売却できるようにしておきたい

認知症対策は、事前に準備をしておかないと、いざ判断能力を失ってしまった際に何もできなくなってしまいます。

本冊子は、認知症になった後の財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に、ぜひお読みいやだきたい内容となっております。

どうすれば手に入るの?

本冊子は、ダウンロード版製本版の2種類をご用意しております。
いずれも無料にて、ダウンロードまたは郵送請求いただけます。

なぜ無料で発行するの?

「まずは家族信託のことを知っていただきたい」との思いから無料にしています。
本冊子を読んでいただき、家族信託が認知症の高齢者の財産管理対策として、有効な選択肢のひとつとなり得ることをご理解いただければ嬉しく思います。

1:ダウンロード版の入手方法

下記「ダウンロードはこちら」をクリックすると、ダウンロードされます。

家族信託ガイドブック
  • 発行年月:2017年8月
  • ファイル形式:PDF版
  • ページ数:32頁
家族信託の基礎知識から活用事例まで、わかりやすく解説しました!

2:製本版の入手方法

好評につき、製本版の配布はすべて終了しました

【令和元年版】家族信託ガイドブックを発行しました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
目次