家族信託を始めるには、どれくらい費用がかかりますか?

家族信託を始める際にかかる費用には、大きく分けて、信託契約書作成にかかわる費用不動産登記にかかわる費用があります。

家族信託を始める際にかかる費用

信託契約書作成にかかわる費用

信託財産の評価額 報酬(税別)
1億円以下 1%(ただし、最低額は30万円)
1億円超、3億円以下 0.5%+50万円
3億円超、5億円以下 0.3%+110万円
5億円超、10億円以下 0.2%+160万円
10億円超 0.1%+260万円
  • 信託財産に不動産がある場合、所有権移転登記の報酬・実費は含まれておりません。
  • 公正証書を作成する場合、公証役場の手数料は含まれておりません。
  • 信託監督人を設置する場合、信託監督人報酬は含まれておりません。
  • 信託契約書とは別途、遺言書や任意後見契約書などを作成する場合、その報酬は含まれておりません。
  • 埼玉県外へ出張を要する場合は、日当・旅費が発生します。
  • 税務関連の報酬は含まれておりません。税務判断に関する問題が生じた場合は、税理士に依頼することになります。
  • 受益者連続信託、金融機関との調整が必要なケースなど難度が高い事案については、報酬基準の50%の範囲で加算をする場合があります。

不動産登記にかかわる費用

司法書士報酬(税別) 100,000円~
  • 信託不動産の評価額、個数によって変わります。
  • 別途、登録免許税等の実費がかかります。

まとめ

家族信託の契約書は、信託の目的や家族構成、資産状況等に応じて、法律面や税務面で起こりうるさまざまなリスクを考慮しながら、オーダーメイドで設計していくことになります。

したがって、家族信託を始める際にはそれなりの報酬が発生しますが、いったん始めてしまえば、通常はそれ以外にコストが発生することはありません。

なお、専門家に依頼せずに契約書のひな形をそのまま使ったりすると、思わぬトラブルが発生するリスクがあるため、おすすめはできません。

いいじま司法書士事務所からのお知らせ


家族信託ガイドブックを無料プレゼント中!

・認知症に備えて、今のうちから財産管理を家族に任せたい
・家族が認知症になったときに、財産が凍結されるのを防ぎたい
・家族が認知症になっても、成年後見を使わずに財産を管理したい
・施設費用等が必要になった時に、不動産を売却できるようにしておきたい
・家族と共有名義で持っている不動産を、スムーズに売却できるようにしておきたい

など、今後の財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に向けた内容となっております。

家族信託とはどのようなものか、何ができるのか、成年後見とは何が違うのかといった基礎知識から活用事例まで、わかりやすくご紹介しています。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください!