家族信託を始めるには、どれくらい費用がかかりますか?

家族信託を始める際にかかる費用には、大きく分けて、信託契約書作成にかかわる費用不動産登記にかかわる費用があります。

家族信託を始める際にかかる費用

信託契約書作成にかかわる費用

信託財産の評価額 報酬(税別)
1億円以下 1%(ただし、最低額は30万円)
1億円超、3億円以下 0.5%+50万円
3億円超、5億円以下 0.3%+110万円
5億円超、10億円以下 0.2%+160万円
10億円超 0.1%+260万円
  • 信託契約書を公正証書にする場合の、公証役場の手数料は含まれておりません。
  • 信託財産に不動産がある場合は、別途、所有権移転登記の費用が発生します(下記2参照)。
  • 埼玉県外へ出張を必要とする場合は、日当・交通費が発生することがあります。
  • 税理士に依頼しなければならないような税務判断が生じた場合は、別途、税理士報酬が発生します。
信託財産の評価額とは
信託をする財産が不動産(固定資産税評価額が1,000万円)と現金(1,000万円)であった場合、信託財産の評価額は2,000万円となります。

不動産登記にかかわる費用

司法書士報酬(税別) 100,000円~
  • 信託不動産の評価額・個数、申請件数によって変わります。
  • 別途、登録免許税等の実費がかかります。

まとめ

家族信託の契約書は、信託の目的や家族構成、資産状況等に応じて、法律面や税務面で起こりうるさまざまなリスクを考慮しながら、オーダーメイドで設計していくことになります。

したがって、家族信託を始める際にはそれなりの報酬が発生しますが、いったん始めてしまえば、通常はそれ以外にコストが発生することはありません。

なお、専門家に依頼せずに契約書のひな形をそのまま使ったりすると、思わぬトラブルが発生するリスクがあるため、おすすめはできません。




親が認知症になる前に備える!
親の介護でお金のトラブルを防ぐ「家族信託」

家族信託の仕組みを、豊富なイラストと図でわかりやすく解説!







家族信託を活用した新しい財産管理の仕組み
成年後見を使わずに、高齢者の財産を管理する方法

家族信託の基礎知識から活用事例まで、わかりやすく解説!