家族信託をお願いする場合、どのような手続きの流れになりますか?

一般的なご相談から家族信託開始までの流れは、以下のようになります(※事案に応じて、これとな異なる流れになる場合もあります)。

なお、家族信託開始までにかかる期間としては、1~3か月程度が目安となります(※こちらも事案に応じて、期間は変動します)。

ご相談から家族信託を開始するまでの流れ

1.お問い合わせ

まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡ください。
無料相談をご希望される場合は、日時をお決めします。

電話番号:049-256-4961
受付時間:午前9時から午後6時まで(平日)

お電話がつながらない場合
司法書士が事務所に不在の場合は、司法書士の携帯電話へ転送されます。
電話を切らずに、そのままお待ちください。

2.無料相談

資産状況や家族構成、家族信託で何をしたいのか等をお聞きして、家族信託を活用することが適切か、家族信託以外の方法で解決できないか等を検討します。

埼玉県外でのご相談は有料となります

  • 半日程度で行き来できる地域:2万円(税別)+交通費
  • 1日程度で行き来できる地域:5万円(税別)+交通費
  • 宿泊を要する地域:10万円(税別)+交通費・宿泊費

3.ご提案

家族信託を活用することが適切であると判断できた場合、どのような内容になるのか、どのくらいの費用がかかるのか等を、ご家族の皆さまにご提案いたします。

4.お申し込み

ご提案に納得いただいた上で、正式にお申し込みいただきます。

5.信託契約書(案)の作成

信託契約書(案)の作成を行います。
契約書(案)の作成後、内容についてお客様にご確認いただきます。

6.金融機関・公証役場との打ち合わせ

信託契約書(案)をもとに、家族信託の手続きにかかわる金融機関・公証役場等と打ち合わせを行います。

7.信託契約の締結

公証役場にて、委託者と受託者が信託契約の締結を行います。

8.信託の開始

不動産の登記や信託口口座の開設、預貯金の移動などを行い、受託者が信託財産の管理を開始します。

いいじま司法書士事務所からのお知らせ


家族信託ガイドブックを無料プレゼント中!

・認知症に備えて、今のうちから財産管理を家族に任せたい
・家族が認知症になったときに、財産が凍結されるのを防ぎたい
・家族が認知症になっても、成年後見を使わずに財産を管理したい
・施設費用等が必要になった時に、不動産を売却できるようにしておきたい
・家族と共有名義で持っている不動産を、スムーズに売却できるようにしておきたい

など、今後の財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に向けた内容となっております。

家族信託とはどのようなものか、何ができるのか、成年後見とは何が違うのかといった基礎知識から活用事例まで、わかりやすくご紹介しています。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください!