10/29(日)に埼玉ふじみ野で家族信託の無料セミナーを開催します!

2017年10月29日(日)に、家族信託の無料セミナーを開催いたしますので、下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

セミナーの概要

国民の4人に1人が65歳以上という超高齢社会において、認知症患者の数は、厚生労働省の推計で約462万人に上るとされています(平成24年時点)。

認知症により判断能力が失われると、本人の意思を確認をすることが困難となるため、契約の締結や預貯金の引き出し、定期預金の解約、不動産の売却といったことができなくなります。

このような場合、通常は成年後見人による財産管理が行われますが、成年後見制度は管理を行う上での制約も大きく、親族にとって必ずしも使い勝手のいいものとは言えません。

そういった中、成年後見制度に代わるものとして、近年、注目されているのが家族信託です。

家族信託とは、自分の財産を信頼できる家族に託し、適切に管理・有効活用してもらう仕組みのことをいいます。

この家族信託を利用することにより、高齢者が認知症になった後でも資産を凍結されることなく、また、成年後見制度を使わずに家族による財産管理が可能となります。

認知症対策は、事前に準備をしておかないと、いざ判断能力を失ってしまった際に何もできなくなってしまいます。

本セミナーでは、家族信託とはどのようなものかという基礎知識からその活用事例まで、わかりやすくお話しします。これから先の財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に、ぜひ聞いていただきたいセミナーとなっております。

テーマ 認知症による資産凍結を防ぐ方法
~家族信託を活用した新しい財産管理~
講師 いいじま司法書士事務所 司法書士 飯島克仁
(一社)家族信託普及協会 家族信託専門士
日時 2017年10月29日(日)14:00~15:30
会場 ふじみ野産業文化センター 第3会議室
(埼玉県ふじみ野市うれし野2-10-48)
参加費・定員 無料・20名(先着順・要予約)
申込方法 下記フォームからお申込みください

アクセスマップ

◆東武東上線ふじみ野駅西口より徒歩5分

お申し込みフォーム

本セミナーは終了いたしました。


家族信託ガイドブックを無料プレゼント中!

・認知症に備えて、今のうちから財産管理を家族に任せたい
・家族が認知症になったときに、財産が凍結されるのを防ぎたい
・家族が認知症になっても、成年後見を使わずに財産を管理したい
・施設費用等が必要になった時に、不動産を売却できるようにしておきたい
・家族と共有名義で持っている不動産を、スムーズに売却できるようにしておきたい

など、今後の財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に向けた内容となっております。

家族信託とはどのようなものか、何ができるのか、成年後見とは何が違うのかといった基礎知識から活用事例まで、わかりやすくご紹介しています。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください!