東京都中央区 株式会社設立のお客様 「信頼できそうだということが大きかったです」

株式会社ワールドスケープ 海保堅太朗様

Q1.ワールドスケープの事業内容を教えて下さい

音源を無料配信することによりファンを増やし、ライブの集客やグッズ販売などから収益を上げていくという「オープンド・アーティスト・システム(以下、OAS)」を軸にして、さまざまな事業を展開しています。
※2011年5月2日、OASを支援するサイト「フリクル」が開設されました。

Q2.ミュージシャンである海保さんが会社を立ち上げようと思ったのは、どんなきっかけからですか?

音楽業界が危ないと言われる中、以前から「何かを変えなければダメだ」という思いがありました。そこで、徹底的に考えて辿り着いたのがOASであり、これを実現するために会社という形態が必要だったんです。

Q3.なぜ、いいじま司法書士事務所に依頼されたのですか?

飯島さんとは、共通の知人であるカメラマン&ライターのかさこさんを通じて一度お会いしたことがありました。優しそうな、人当たりの良さそうな第一印象を受けましたが、実際に話もして信頼できそうだということが大きかったですね。

Q4.実際に会社を立ち上げてみて、感想はいかがですか?

株式会社の代表取締役という肩書きの力というものを感じます。話を聞いてもらえやすくなったり、色々な人とお会いできたりするようになりました。あと、メンタル的な部分で言うと、OASの可能性にとにかくワクワクしています!

Q5.いいじま司法書士事務所への今後の期待、要望を教えて下さい

法律の知識だけではなく、実務家にしか分からないような部分のアドバイスもしていただけたらと思います。

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

株式会社ワールドスケープ
代表取締役 海保堅太朗様

取材日時:2011年3月