相続人が不動産を相続するときに、共有名義にしないほうがいい2つの理由

遺言書がない場合、遺産の分け方は法定相続人全員による話し合いで決められます。
この話し合いのことを「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議では、法定相続分によらずに自由に配分を決めることができますが、すべての遺産を相続人みんなで平等に分けようと話し合われるケースもあります。

相続人間でいざこざが起きないように、というのがその理由ですが、簡単に分けることができる金銭(預貯金)ならまだしも、不動産は共有にするべきではありません。

そこで今回は、相続人が不動産を相続するときに、共有名義にしないほうがいい理由についてご説明します。

不動産は分け方が難しい!

通常、不動産を相続する際は、以下のような分け方が用いられます。

  • 相続人の誰かひとりが相続する
  • 相続人の誰かひとりが相続して、他の相続人は代わりに金銭などを相続する
  • 不動産を売却して、金銭を分ける

相続人の誰かひとりが相続することに他の相続人が納得してくれたり、不動産の資産価値と同等以上の預貯金などがあれば、こういった分け方も

しかしながら、不動産以外に目ぼしい財産がないようなケースでは、そう簡単に話し合いはまとまらなくなってしまいます。

不動産の名義を共有にしないほうがいい2つの理由

その1:売却するには共有者全員の同意が必要

不動産が共有の場合、売却するには「共有者全員の同意」が必要となります。

したがって、相続人全員の足並みがそろわなければ、売却の手続きを進めることができないため、売りたいときに売れなかったり、売却のタイミングを逃してしまったりすることになります。

その2:名義人が増えてしまうリスクがある

不動産を相続人で共有している状態が長く続くと、その相続人自体に「相続」が発生して、次の世代の相続人が名義人に加わります。

そういった相続を繰り返していくと、次々と名義人の数も増えていくことになります。

その結果、相続人全員の意見がまとまらなくなり、どうすることもできずに収拾がつかなくなることもあります。

まとめ

今回は、相続人が不動産を相続するときに、共有名義にしないほうがいい理由についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

不動産は分けるのが非常に難しい財産です。
しかしながら、相続人の共有名義とするのも好ましくありません。

したがって、はじめから問題が起こりそうな場合は、遺言を残しておいてもらうことがトラブル回避に大いに役立ちます。

また、すでに相続が発生し相続人で共有名義としてしまっている場合は、家族信託の活用を検討するのもひとつの方法といえます。

いいじま司法書士事務所では、遺産相続に関する特設サイトをご用意しております。
相続・遺言についてさらに詳しく知りたい方は、どうぞご覧ください。

savdnom5_3bxnpc1479647536_1479647541

無料相談のご案内

いいじま司法書士事務所では、ふじみ野市、富士見市、川越市、三芳町など埼玉県全域で、無料法律相談を行っております。

以下のようなことでお困りのことがあれば、まずはお電話またはお問い合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

  • 相続があったので、不動産の名義を変更したい
  • 銀行預金の相続手続きをしたいが、大変そうで困っている
  • 遺言書の作成を考えているので、一度相談してみたい
  • 家族信託について、話を聞いてみたい

手続きのこと、費用のこと、必要書類のこと、その他どんな些細なことでもかまいません。
すべてのお問い合わせに対し、わかりやすい言葉で、丁寧にご説明いたします。

皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。

9rw4w_0cwgtvemy1479041570_1479041577


家族信託を解説した冊子を無料で配布しています!


・親が認知症になったときに、資産を凍結されるのを防ぎたい
・親が認知症になっても、成年後見を使わずに財産を管理したい
・認知症に備えて、今のうちから財産管理を子どもに任せたい

など、財産管理に不安を持つ高齢者やそのご家族に向けた内容となっております。

家族信託とはどのようなものかという説明とあわせて、活用事例もご紹介していますので、ぜひダウンロードしてお読みください!