合同会社(LLC)の設立件数が急増している理由とは?

近年、独立・開業の形態として、設立件数が急増しているのが合同会社(LLC)です。

合同会社というとあまり馴染みがありませんが、iPhoneを扱うApple Japanや、スーパーマーケットの西友なども、実は合同会社であったりします。

そこで今回は、合同会社について、メリット・デメリットをふまえながらご説明します。

合同会社(LLC)とは?

合同会社(LLC)とは、平成18年(2006年)の会社法改正によって認められた新しい会社形態です。

出資者の責任が出資額を限度とした有限責任であること、決算公告や役員の任期がないこと、業務の意思決定や利益配当が、出資比率に関係なく自由に決められる使い勝手の良さが特徴です。

合同会社(LLC)の設立費用はとにかく安い!

そして何より、設立件数が急増している一番の理由は、株式会社と比べて設立にかかる費用が格段に安いということにあります。

株式会社の設立では必要となる定款認証の手続きが不要であること、登記申請の際にかかる登録免許税が安いことがその理由です。

【設立にかかる法定費用の比較】

株式会社 合同会社
定款認証代 52,000円 0円
登録免許税 150,000円 60,000円
合計 202,000円 60,000円

このように、法定費用(誰が手続きをしても必ずかかる費用)は、株式会社の3分の1以下で済んでしまいます。

合同会社のメリット・デメリット

合同会社のメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット
  • 株式会社と比べて、設立費用が格段に安い
  • 株式会社と同じように法人格があるので、社会的信用がアップする
  • 出資者の責任が出資額を限度とした有限責任である
  • 利益配当や業務の意思決定を、出資比率に関係なく自由に決められる
  • 役員の任期がないので、定期的に役員の改選をする必要がない
  • 決算公告の義務がない
デメリット
  • 株式会社と比べると、知名度が低い
  • 意思決定は「社員全員の同意」が原則なので、意見が合わないと会社が機能しなくなる

合同会社は、安く設立ができ、運営コストも安く、会社内部のことについて自由に取り決めができるという「使い勝手の良さ」がメリットに挙げられます。

これに対し、合同会社の最も大きなデメリットは、「知名度が低い」ことにあります。

まだまだ合同会社に馴染みがないため、株式会社が持っている安心感とは比べるまでもないのが現状ではないかと思います。

したがって、株式会社である必要はないけれど、「会社形態」を必要としている場合には、合同会社は適しているといえます。