借金を相続したくない!こんなときに必要な手続きとは?

相続が発生すると、相続人は亡くなった方の財産を引き継ぐことになりますが、相続財産にはプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます。

したがって、被相続人が借金を抱えていた場合、これも相続財産として相続人に引き継がれてしまいます。

そこで今回は、借金を相続したくない場合の手続きについてご説明します。

相続放棄とは?

lwt1aqtmglrqtji1479040148_1479040180

相続によって引き継がれる相続財産には、預金や不動産といったプラスの財産もありますが、借金や連帯保証債務といったマイナスの財産もあります。

したがって、被相続人に借金があった場合、自分には関係のない借金であっても、相続人には支払い義務が発生してしまいます。

このような場合、相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったものとみなされるので、被相続人の借金を引き継ぐことはなくなります。

ただし、相続放棄をすると、借金だけでなく、預金や不動産などのプラスの財産も、一切相続することができなくなります。

相続放棄の申述

aq3u2mydt8nuukj1479040278_1479040304

相続放棄をするには、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所へ申述をする必要があります。

申立は、自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内に行わなければなりません。

また、相続放棄は後から撤回することはできませんので、もし相続放棄をした後に、借金を上回るプラスの財産が見つかったとしても、それを相続することはできません。

したがって、相続放棄を行うには、迅速性と確実性が要求されます。

なお、先順位の相続人全員が相続放棄をすると、次の順位の者が相続人とになります。

今さら聞けない!「法定相続人」と「法定相続分」をわかりやすく解説!

2016.11.13
次の順位の相続人も、相続放棄をするには定められた期限があるので、相続放棄をした場合はその旨を伝えてあげるとよいでしょう。

私は相続放棄しましたけど?

wc_kggdppk0xvsm1480426617_1480426634

一般的に、相続人間で遺産の分配を決定する遺産分割協議で「財産を一切取得しなかったこと」のことを「相続を放棄した」という使い方をします。

しかしながら、これは法律上の「相続放棄」ではありません。

法律上の相続放棄とは、先ほどのように家庭裁判所に申述をして行うもので、相続放棄の結果、「はじめから相続人ではなかった」ものとみなされます。

これに対し、遺産分割協議で財産を「放棄」した場合は、あくまでも財産を取得しなかったというだけで、依然として相続人の地位にあることに変わりはありません。

したがって、被相続人の借金の支払義務がなくなるわけではありません。

借金を相続したくない場合は、必ず家庭裁判所で相続放棄をしなければなりません。

まとめ

今回は、相続放棄の手続きについてご説明しましたがいかがでしたでしょうか。

相続放棄とは、プラスの財産、マイナスの財産にかかわらず、被相続人の一切の財産を放棄する手続きのことをいいます。

いいじま司法書士事務所では、遺産相続に関する特設サイトをご用意しております。
相続放棄についてさらに詳しく知りたい方は、どうぞご覧ください。

savdnom5_3bxnpc1479647536_1479647541

無料相談のご案内

いいじま司法書士事務所では、ふじみ野市、富士見市、川越市、三芳町など埼玉県全域で、無料法律相談を行っております。

以下のようなことでお困りのことがあれば、まずはお電話またはお問い合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

  • 相続があったので、不動産の名義を変更したい
  • 銀行預金の相続手続きをしたいが、大変そうで困っている
  • 遺言書の作成を考えているので、一度相談してみたい
  • 家族信託について、話を聞いてみたい

手続きのこと、費用のこと、必要書類のこと、その他どんな些細なことでもかまいません。
すべてのお問い合わせに対し、わかりやすい言葉で、丁寧にご説明いたします。

皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。

9rw4w_0cwgtvemy1479041570_1479041577


不動産の相続登記が定額7万円!

相続による不動産の名義変更を、司法書士が代行します!

面倒な戸籍謄本の収集から遺産分割協議書の作成、法務局への登記申請まで、すべてお任せください!