不動産の「相続登記」をしないでおくと、困ったことになる3つの理由

相続が発生すると、死亡届の提出に始まり、役所や金融機関等でのさまざまな手続きや届出があります。

その中でも特に大変な手続きが、不動産の「相続登記」です。

しかしながら、「相続登記」といっても「そもそも登記って何?」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、相続登記についてご説明していきます。

不動産の相続登記とは

aqowsdxywkoowek1479177208_1479177229
不動産の相続登記とは、亡くなった方が不動産(土地・家・マンション等)を所有していた場合に、「登記簿の名義」を「相続人」に変更する手続きのことをいいます。

けれども、登記簿の名義といっても、また「そもそも登記簿って何?」という方も多いかと思います。

登記簿とは「法務局」という国の機関によって管理されているもので、土地や建物の所在地や面積、誰が所有者であるか、またその移りかわりなどが記録してあります。

人に戸籍があるのと同じように、土地や建物の戸籍のようなものだと思っていただけると、イメージしやすいのではないかと思います。

この登記簿の内容は、法務局で「登記事項証明書(登記簿謄本とも言います)」を取得することによって確認することができます。

登記簿がイメージできると、何となく「相続登記をしないでおくと、困ったことが起こるのでは?」という気になるのではないでしょうか。

それでは次に、相続登記をしないとどんな問題があるのかを説明していきます。

相続登記をしないでいるとどうなるの?

xraviylspvbms0e1479179043_1479179068

1.相続した不動産を売却したくでも、売却できない

相続した不動産を売却したいと思ったときに、不動産の名義が亡くなった人のままでは、売却することができません。まずは相続人の名義に変更する必要があります。

相続登記は手続きに必要となる書類も多く、完了するまでに1~2か月はかかります。
相続登記をしていなかったために、売却のタイミングを逃してしまったという事態にもなりかねません。

2.相続人が増えてしまい、遺産相続の話がまとまらい

相続登記をしないでいる間に、2次相続、3次相続が発生することもあります。

2次相続、3次相続が発生すると、それに合わせて法定相続人の数も増えていきます。

法定相続人の数が増えていくと、相続人の中に疎遠な関係の人が出てくることもあります。
場合によっては、まったく面識のない人が相続人となることもあるでしょう。

遺産分割協議は、相続人全員の合意がなければ成立しません。

遺産分割協議とは、相続が発生した際に、相続人全員で遺産の分け方について協議することです。
相続人全員の合意があれば、法定相続分とは異なる割合で遺産を分けることができます。
相続人の数が増えれば増えるほど、話がまとまらず、遺産分割協議が成立しにくくなりす。

3.手続きが複雑になり、余計な手間や費用がかかる

相続登記をしないでいる間に、2次相続、3次相続が発生すると、それだけ相続登記に必要となる書類も増えていきます。

また、必要書類の中には保存期間が定められているものもあります。
書類が取得できない場合にはそれに代わる書類が必要になり、余計な手間や費用がかかってしまいます。

まとめ

今回は、相続登記についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

相続登記とは、登記簿の名義を相続人に書き換える手続きのことをいい、それをしないで放置しておくと、さまざまな問題が起こる可能性があります。

したがって、相続登記はできるだけ早めに行うことをおすすめします。


不動産の相続登記が定額7万円!

面倒な不動産の相続登記を、司法書士が代行します!

戸籍謄本などの必要書類の収集から遺産分割協議書の作成、法務局への登記申請まで、すべてお任せください!