成年後見に関するサービス

成年後見制度とは

成年後見制度とは、認知症や知的障がい、精神障がい等によって判断能力が十分でない方を、支援者(成年後見人等)が法律的に保護・支援する制度です。

家庭裁判所の監督のもと、後見人が本人の財産を管理したり、医療・介護サービスなどの契約を締結したりします。

成年後見制度の種類

法定後見

すでに判断能力が衰えてしまっている方、不十分な方について、家庭裁判所に後見開始の審判の申し立てをして、支援者(成年後見人等)を選任してもらう制度です。

法定後見は、本人の判断能力の程度に応じて、後見・保佐・補助の3種類に区分されます。

任意後見

今現在は判断能力に問題はないけれど、将来、判断能力が不十分になってしまったときに備え、あらかじめ信頼できる人を後見人に選んでおく制度です。

任意後見では、どのようなことを支援してもらうかをご自身で指定しておくことができます。

手続きの流れ

法定後見

  1. まずはお電話(049-256-4961)またはお問い合わせフォームにて、ご連絡ください
  2. 無料相談にて、サポートの内容・手続きの流れ・費用等をご説明いたします
  3. 申立に必要となる書類の収集、申立書の作成を行います
  4. 家庭裁判所に、申立書の提出を行います
  5. ※申立を行う裁判所について
    本人(後見等の援助を必要とされている方)の住所地により、申立をする裁判所が決まります
  6. 家庭裁判所にて、申立人および後見人等候補者の面接が行われます
  7. 後見等開始の審判がなされると、家庭裁判所から審判書が届きます
  8. 審判書が届いて2週間が経過すると、審判が確定します
  9. 後見人の業務が開始します

任意後見

  1. まずはお電話(049-256-4961)またはお問い合わせフォームにて、ご連絡ください
  2. 無料相談にて、サポートの内容・手続きの流れ・費用等をご説明いたします
  3. 契約内容(後見人候補者、支援してもらう内容など)を決定します
  4. 任意後見契約書の文案を作成し、内容について公証人と事前の打ち合わせを行います
  5. 公証役場にて、後見人候補者と任意後見契約を締結します

費用

法定後見

項目 金額
司法書士報酬 10万円(税別)
実費 約1~2万円

※鑑定が実施される場合、別途、5~10万円程度の鑑定費用がかかります

任意後見

項目 金額
司法書士報酬 10万円(税別)
実費 約2万円

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・無料相談のご予約は、こちらからお送りください。
原則として、24時間以内に返信させていただきます。

面談をご希望される場合
面談をご希望される場合は、メッセージ本文に希望日と時間をご記入ください。
(例:「〇月〇日または〇月〇日の午前に相談の予約をお願いします」)

お名前*

メールアドレス*

ご希望のサービス*
相続に関するご相談遺言に関するご相談家族信託に関するご相談成年後見に関するご相談会社設立に関するご相談セミナー講師・執筆に関するご相談その他のご相談

メッセージ本文

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
お名前・メールアドレス・ご希望のサービスは必須項目*です。