運動不足の40代が体を動かすには、ボウリングがちょうどいい!

先日、私が所属する埼玉中小企業家同友会 川越地区会の忘年会があり、そこでボウリングをする機会がありました。

前にいつやったのかの記憶も定かではなく、おそらく十数年ぶりだったはずですが、これがなかなかいいもので、運動不足の40代にはピッタリだと思いました。

運動不足の40代に、ボウリングをおすすめできる3つの理由

1.息が切れない!

運動不足の40代にとって、「息が切れない」は最重要事項です。

よって、フットサルだとかマラソンのような、瞬発力や持久力が求められるスポーツはもってのほか。危険極まりないこと、この上ありません。

この点、ボウリングは安全第一です。息が切れることもありません。

やはり身の危険を感じないことが何よりです。

そのかわり…
息が切れることはないのですが、思いのほか筋肉にダメージを負います。
ボウリング玉を持つ手、そして太もも裏。
運動不足の40代がボウリングをした後の数日間は、筋肉痛地獄です。

2.気軽にできる!

運動不足の40代は、そうそうトレーニングウェアには着替えません。

また、わざわざ道具を買いそろえたり、場所を予約しなければできないようなスポーツに手を出すこともありません。

この点、ボウリングは気軽です。着の身着のままボウリング場に行くだけで始められます。

また、昔のように、手書きでスコアを書かなければならないということもありません。

このように気軽にできる!というのは大きなポイントです。

そのかわり…
昔ほど、ボウリング場を見かけなくなった気がします。
本当に少なくなったのか、やらないから目に入らなかっただけなのか。
たまに見るボウリング場の大きなピンからは、昭和の匂いを感じます。

3.年齢性別を問わない!

運動不足の40代が楽しめるものは、だいたいの人が楽しめます(なぜなら安全)。

老若男女を問わず、盛り上がることができ、楽しめるスポーツ、それがボウリングです。

ストライクやスペアをとったときに周りの人とかわすハイタッチは、その最たるシーンでしょう。

そのかわり…
ストライクやスペアをとったときのハイタッチ。
もし誰もストライクやスペアをとれなかったら… もし自分だけ一度もとれなかったら…
考えるだけで、悲しくなります。

まとめ

久しぶりに行ったボウリングは、思いのほか楽しめました。

これで運動不足の解消になるとも思えませんが…。

それでも、運動不足の40代が「ちょっとだけ」体を動かすにはちょうどいい、正直な感想です。