つけめんTETSUは”じゃない方”もウマい!煮干しが効いた「中華そば」がおススメ!

”じゃない方”といえば芸人さんのコトかと思いきや、らーめん屋さんのお話です。

寒さが厳しくなってきた中、この日訪れたのは浦和にある「つけめんTETSU さいたま特別版」

つけめんTETSUとは

b7cvpeqpxpow15s1480685345_1480685368

つけめんTETSUは、文京区千駄木に本店を置く、つけめん屋さんです。

多店舗展開していて、「つけめんTETSU」だけでも22店舗あり、その他「つけめん102」など、ブランドの異なるお店もたくさんあります(ホームページを見たら海外店舗もあった!)。

「さいたま特別版」は浦和駅西口から歩いて5分ほどの場所にあり、夜も23時まで営業していることから、気軽に立ち寄りやすいお店です。

店内はL字型のカウンターになっていて、そこそこの人数が座れるのですが、いつも混んでいます。

満席の場合は、店内で食券を購入して店外で並ぶスタイルなので、店に着くまでドキドキものですが、訪れたのが夜9時近かったせいか、並ばずに入ることができました。

”じゃない方”の中華そばもウマい!

2apt7lymgfdt_df1480685248_1480685272

つけめんTETSUというからにはウリは「つけめん」なのですが、この日いただいたのは、つけめん”じゃない方”の「中華そば」

でも、これがまたウマい!

スープが少なめですが、これは「スープに大量の煮干しを使っているため、煮干し自体の塩分により、一般的なラーメンと同量のスープを入れると、とても味が濃くなってしまうから」とのことです。

実際に食べてみると、煮干しのエグみも抑えられ、ちょうどいい塩梅!

40代にもなると、濃厚なスープやつけ汁は中盤以降、胃が受け付けなくなってきますが、こういった煮干しスープは問題なくイケます!

具のチャーシューも、2cmはあろうかという分厚さながらも柔らかい!

あっという間の完食でした。

つけめんもいいけど、”じゃない方”の「中華そば」もアリですよ!

つけめんTETSU さいたま特別版
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-12-8
お店のホームページ