お問い合わせ・ご相談の予約はこちら!

ブログを自分のビジネスに活かしたいと思っている人は読むべき!

「ブログを自分のビジネスに活用したい」

私もそう思ってブログを始めたクチですが、最初はこんな不安や悩みがありました。

  • テーマはどうやって選んだらいいんだろうか?
  • ネタ切れで書けなくなったらどうしようか?
  • ちゃんと更新していけるんだろうか?

そんな悩みを解決してくれるのが、菅家伸(かん吉)さんのゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座です。

目次

読者が喜ぶ記事を書く!

記事を書くにあたっての大前提、それは読者目線に立つということです。
読者目線に立つということは、読者が喜ぶ記事を書くということです。
そこだけは絶対にブレてはいけません。

そして、ブログを集客やビジネスに活かしたいときに必要なもの、それは信用です。
だから、金儲けのための広告なんていりません。

読者目線に立ったら、広告なんて邪魔でしかなく、
広告だらけの記事から信用なんて生まれるわけがありません。

よくモバイルファーストなんて言って、スマホからの見やすさを気にするけれど、
そんなことより、まずは広告をなくしたほうがよっぽどマシです。

どんないい記事が書いてあるブログであっても、広告を見るとシラケてしまいます。
ホント、あれはいりません。

何でも屋さんは何も無いのと同じ!

蕎麦と食べたいと思ったときに、看板に「蕎麦」と書かれた店と、
「蕎麦・ラーメン・カレー」と書かれた店のどちらに入りたいと思うでしょうか。

何でも屋より専門店のほうが魅力的なのはブログも同じです。
だからメインのメニューを掲げて、何のブログなのかをはっきりさせなくてはいけません。

ただし「蕎麦屋」の看板を掲げたからといって、他のメニューを出しちゃいけないわけではありません。

お店に入ったら、カレーが売っていても良いのです。看板だけは「蕎麦」と書いて、メインのメニューをしっかりアピールしましょう。さらに、有機栽培の国産蕎麦だけを使用など、お店の売りを明確にします。こうした特徴が、お店の「コンセプト」です。

私の場合は「遺産相続」の情報ブログです。

でも、他の記事も書きます。
ここにネタ切れにならないヒントがあります。

「掲げた看板だけしか書いちゃいけない」と自分で自分の首を絞める必要もありません。
ちなみに、かん吉さんのブログのカテゴリーは、親カテゴリーだけでも29個あります。

メインのメニューはあるけれど、他にも、自分が書きたいことや好きなことも書く。
それでいいじゃないか、と思います。

毎日更新する!

ブログを集客やビジネスに活用したいと思ったら、毎日更新すること。
毎日が無理なら、2日に1記事でもかまわないなんて言うけど、たぶんそれはウソだ!

毎日更新できないなら、人気ブログなんて作れるハズがありません。
人気ブログを作りたいなら、人気ブログを作る決意を持つ。

そう、ダンコたる決意です。

ソーシャルメディアを活用する!

いい商品だからといって売れるわけではないのと一緒で、
いい記事を書いたからといって、読者に読んでもらえるわけではありません。

読んでもらいたかったら、読んでもらう努力をする。
今はSNSの時代です。TwitterやFacebookなど、ソーシャルメディアの活用は不可欠です。

まずはとにかくやってみる!

世の中には色々な成功法則がありますが、それらはすべて、要するに「やれ!」ということです。行動を起こさなければ、何も始まりません。ブログも同じです。ブログを立ち上げて記事をポストしないかぎり、何も始まりません。

見切り発車でもいいから、まずはとにかくやってみること。
あれこれ考えるのは、そのあとで十分です。

まとめ

これからブログを始めようと思う人には、Part1とPart2だけ読んでも大いに役立ちます。

ブログを集客やビジネスに活かしたいと考えている人は、ぜひ読むべき1冊です。

著:菅家 伸, 著:かん吉
¥1,881 (2021/07/18 14:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる