ロジクールのトラックボールマウス「MX ERGO」を使ったら手首痛がなくなった!

MX ERGO

仕事柄、パソコンを使う時間が比較的長いことから、腱鞘炎とまではいかないまでも、たびたび手首痛に悩まされてきました。

そこで、手首痛対策にならないマウスを探していたところ、見つけたのがロジクールのトラックボールマウス「MX ERGO」です。

MX ERGOを使い始めて1年9か月。手首痛もなくなり、本当に良かったと思うので紹介します。

ロジクール「MX ERGO」のレビュー

「MX ERGO」の外観

MX ERGO

マウスを上から見た図です。ボタン類は、例えば ”コピー” ”貼り付け” など、任意の動作を設定することができます。

MX ERGO

マウスの底面にはマグネット式のプレートがついています。

MX ERGO

プレートにより、マウスの傾斜角度を0°か20°にすることができます。

MX ERGO

実際にマウスを握った感じはこのようになります。親指でボールをコロコロ動かし、マウスポインタを操作します。

MX ERGO

トラックボールは、ペリックスから交換用のボールが単体で売られていて、それを使うことができます。光沢加工とか艶消し加工などの種類があります。

トラックボールマウスを使うメリット

トラックボールマウスの一番のメリットは手首が痛くならないこと。これに尽きます。

実際、使い始めて1年9か月を経過しましたが、手首痛の悩みから完全に開放されました。

また、トラックボールマウスは普通のマウスと違い、マウスを動かして使うわけではないので、省スペースにもなります。

通常のマウスと比べて、操作感はどうか?

いくら手首が痛くならなくても、作業効率が低下してしまったら意味がありません。実際、ここが購入前に一番気になっていた部分です。

やはり、普通のマウスとはまったく異なる操作なので、人によって合う合わないはあるかと思いますが、私に関しては、普通のマウスとほぼ変わらない感覚になりました。

以下、購入前から現在までの操作感の変化です。

  • 購入前。家電量販店でトラックボールマウスを触ってみる。多分いけそう、と思う。
  • 購入初日。そこそこ操作できた。何とかいけそう、と思う。
  • 購入1週間。だいぶ慣れたが、やはり普通のマウスには絶対にかなわないと思う。使用を続けるか迷う。
  • 購入1ヶ月。迷いながらもとりあえず使い続けていたら、使いにくいとはあまり思わなくなる。
  • 現在。トラックボール最高。もう普通のマウスには戻れない。

トラックボールマウスの注意点、デメリット

1.トラックボールマウスが合わない可能性がある

操作感のところでもお話ししましたが、人によってトラックボールのタイプが合う合わないは間違いなくあります。

慣れとかの問題ではなく、合わない人は絶対に受け付けないと思います。

なので、どんなタイプのものでもいいので、一度、お店などでトラックボールマウスを触ってみるといいと思います。

2.こまめな掃除が必要

「MX ERGO」を使っていると、トラックボールが入っている部分にゴミがたまってきます(昔のマウスと同じ感じです)。

ゴミがたまるとトラックボールの動きが重くなるので、こまめな掃除が必要です。

使用頻度にもよりますが、私はほぼ毎日ゴミ取りをしています。

この手間が許せるかどうかも、トラックボールマウスが合う合わないのポイントのひとつになるかと思います。

MX ERGO

マウスの底面です。プレートを外すとこのようになっています。矢印の部分に細いペンなどを差し込んで押すと、トラックボールが簡単に外れます。

MX ERGO

トラックボールが外れると、このようになります。

MX-ERGO

矢印の部分にゴミがたまると、ボールの動きが重くなってしまいます。なので、こまめな掃除が必要となります。

3.持ち運びはできない

「MX ERGO」は通常のマウスと比べて、大きく、重いです。

したがって、持ち運びには圧倒的に不向きです。

まとめ

手首が痛くならないマウスを探して辿りついたのがロジクールのトラックボールマウス「MX ERGO」でしたが、手首痛も完全になくなり、購入して大正解でした。

使い始めて1年9か月、ほぼ毎日使用していますが、耐久性も今のところ問題ありません。

手首痛に悩んでいる人には、ぜひ一度使っていただきたい逸品です。